アフターピルの病院処方価格

健康な男性と女性が性交渉をすると、妊娠をする可能性があります。夫婦であったり、結婚を望んでいるカップルでは、喜ばしいことでもあるでしょう。しかし、そうでなかったり、違うタイミングで妊娠をしたいと考えている人たちでは、その時に妊娠しては困るということで、避妊をする必要があります。
日本では避妊をするのなら、男性がつけるコンドームが一般的ですが、そのほかにも女性が服用する低用量ピルやフィルム、ゼリーなどの殺精子剤、IUDなどの器具などもあります。しかし避妊をするにしても、失敗をする可能性もあります。コンドームが破けてしまったりすることもあるかもしれませんし、望まない性交渉を迫られてしまったということもあるかもしれません。
もしかして妊娠してしまったかも、という時には、緊急避妊薬というものもあるのです。これは、産婦人科などで出してもらう中用量のホルモン剤の入ったピルになります。受精卵を子宮内で着床させないようにする働きをします。
良く出されるのが、ノルレボというピルですが、これは病院で処方してもらうと問診なども含めて1万5千円から2万5千円程度の費用がかかるのです。72時間以内に服用することで、かなり高い割合で妊娠を防ぐことができるのです。
ノルレボのよいところは、吐き気などの副作用がほかのピルよりも弱いことや、妊娠率も格段に下がることなのです。この緊急避妊薬は、海外からの通販でも購入できます。病院で出してもらうよりもかなり安く手に入るのでいいのですが、持病がある人などでは医師に相談したほうがいいでしょう。
しかしながら、いざという時に常備しておくためには通販はとても便利です。ノルレボをはじめ、上手に通販サイトを利用して入手しておくのも一つの方法です。