アフターピルは保険適用外のお薬

男性と女性が性交渉をすると、妊娠をする可能性があります。妊娠をして喜ぶカップルもいれば、そうでない場合もあります。妊娠したら困る場合には、普段から避妊をする必要があります。
しかし、実際避妊をしなかったり、コンドームが破けて避妊に失敗してしまったり、望まない性交により妊娠の可能性があるなどで、困った経験のある方もいることでしょう。そういったときには、緊急避妊薬が頼りになるのです。
緊急避妊薬はアフターピルともいわれ、日本でも少しずつ知られるようになっています。これは、中用量のホルモン剤の入った錠剤であり、排卵や受精を抑制したり、出来てしまった受精卵を子宮内膜に着床することを防いだりしてくれます。性交渉のあと72時間以内に服用することで効果があるので、早めの対応が望まれます。
最近、吐き気などの副作用の少なく、妊娠率もかなり低くなるノルレボというアフターピルが人気です。産婦人科で処方してもらうことで、服用することができます。しかし、低用量や中用量のピルは保険適用外であるため、自費負担になります。ノルレボの場合では、医療機関によっても異なりますが、通常診察も含めて1万5千円くらいから2万5千円くらいかかるといわれています。
アフターピルは、医師の処方以外にも海外からの通販でも入手できます。通販では、受診の必要もなく、かなり安く入手できるので、いざというときのために購入しておくのもいいでしょう。
ノルレボをはじめ、ピルなどの通販では、注文をして入金完了で発送してもらうことができるのですが、海外からなので時間がある程度はかかるものです。ですから、時間に余裕を持って注文しておくことをおすすめします。