アフターピル服用後の嘔吐と対処法

男女がセックスをするのは、子孫を残すだけでなく、快楽を求める目的がかなり大きいと思われます。ですから、妊娠をしたいと思ってセックスをしているのではなく、愛情の確認や快楽といったことなどの理由で行うものでもあるのです。
そうなると、妊娠しないように工夫をする必要があるのですが、日本で最も一般的な避妊方法として、男性のコンドームの着用があります。これは性感染症予防にも効果的なのです。
しかし、いろいろな方法で避妊をしても、失敗してしまうこともあるのです。そういった場合には、緊急的にアフターピルという中用量のホルモン剤を飲むといいでしょう。
アフターピルは避妊に失敗したセックスから72時間以内に服用することで、かなり高い割合で妊娠を防ぐことができます。アフターピルでも最近出ているノルレボという種類は、従来のものよりも吐き気などの副作用が出にくく、妊娠率も格段に低くなっているのでおすすめです。
しかしながら、若干の吐き気などが出ることもあります。ですから、服用するときには食後や牛乳を飲んだりした後のタイミングがいいでしょう。吐き気がするのは、ホルモン剤の影響ですが、たいてい24時間以内に収まることが多いので、安静にしているといいでしょう。
ノルレボ自体、それほど副作用が強い薬ではないのですが、体質によっては吐き気や嘔吐などが出るかもしれません。しかし、しばらくして生理がくれば、避妊に成功したとわかりますので、ゆっくりと待つようにしましょう。
ノルレボは、医師による処方のほかにも海外からの通販でも入手することができます。医療機関よりもかなり安く手に入れることもできますし、何よりも受診が不要で手間がかからないので、いざという時のために備えておくのもいいでしょう。
今は通販サイトで数多くの薬が紹介されています。信頼できる通販サイトを見つけ、購入するようにしましょう。