子宮内膜症の症状改善に用いられるノルレボ

子宮内膜症は、最近のライフスタイルの欧米化に伴い20歳代~40歳代の女性に急激に増えており、昭和40年代の3倍の患者がいるとされています。
子宮内膜症は、40歳代が発症のピークですが、10歳代に発症する方もいますがごく稀なケースであり、月経周期が短く月経の期間が長い人の方が発症リスクが高いとされています。
子宮内膜症は、エストロゲンの作用により子宮内膜に似た細胞組織が子宮以外の場所で増殖と剥離を繰り返す疾患であり、閉経期を迎えると子宮内膜症の症状も改善され、発症リスクが著しく低下します。
現在は、初潮年齢が早く閉経期は遅くなり、エストロゲンが分泌される期間が長くなっている事や少子晩婚化、出産年齢の高齢化などにより、更にエストロゲンの影響を受ける期間が長くなっています。
子宮内膜症の治療法は、手術療法と薬物療法があり、薬物治療は、偽閉経療法や低用量ピル、黄体ホルモン療法などがあります。
しかし、子宮内膜症は、子宮筋腫の様に放置するのは危険なので、早期発見早期治療が望ましいとされています。
偽閉経療法は、合成ホルモンの作用により閉経の状態を人為的に作り出す治療法であり、月経がとまる為に月経痛も過多月経など症状が改善され、卵巣のう腫や子宮腺筋症などの症状改善が期待出来ます。
ノルレボなどの低用量ピルは、偽閉経療法の様に治療期間に制限が無く、子宮内膜症による月経痛や過多月経の改善目的で長期服用が可能です。ノルレボは、レボノルゲストレルと呼ばれる強力な第2世代合成卵黄ホルモンを含む低用量ピルであり、非常に副作用が少ないとして人気のピルです。
しかし、ピルは、チョコレートのう腫や子宮腺筋症の病状を改善する作用は然程強く無いとされています。
ノルレボの副作用は、体に薬剤が馴染んで来ると鎮静化しますが、ノルレボなどのピルはエストロゲンを多量に含んでいる為に血栓症を発症するリスクが高くなっています。