緊急避妊目的ならばモーニングアフターピルのノルレボ

通常の経口避妊薬は性行為前から計画的に服用する事によってほぼ100%の可能性で否認する事が出来ます。
そのために、あらかじめ性行為をする事が分かっていて避妊目的で用いるならば問題はないです。
ただ、予期せぬ事態で妊娠する可能性がある場合に避妊目的で普通の経口避妊薬を服用してもきちんと効果は得られないです。
そのような場合に用いるのがモーニングアフターピルのノルレボです。
モーニングアフターピルには二種類あるのですが、ノルレボは2011年に認可された新しいモーニングアフターピルです。
新しいモーニングアフターピルであるために従来のピルよりも避妊できる確率が高く、黄体ホルモンのみを用いているので従来の黄体ホルモンと卵胞ホルモンが含まれているピルよりも副作用も少なくて済みます。
また、従来のピルは性行為の後、72時間以内に一度錠剤を服用した後にさらに12時間後に服用する必要がありますが、ノルレボの場合は72時間以内に一度服用するだけなので飲み忘れの心配も少なくて済みます。
しかし、避妊目的としてはモーニングアフターピルはあくまでも緊急時の対処法であり、100%否認する事が出来る訳では無いのは従来のピルもノルレボも変わりないです。
また、72時間という時間制限があるという点も変わらず、出来る限り早く服用するほど避妊できる確率が高くなります。
避妊に成功している場合は大体10日後ぐらいで生理が来る場合が多いですが、3週間以上経っても生理が来ない場合は妊娠している可能性があるために検査をした方が良いです。
モーニングアフターピルを服用した場合、その後は普通に性行為をすれば妊娠する可能性があるために、妊娠を望まないのであればきちんと避妊をする必要があります。